アコーデオンの岸辺にて

先週末は、久しぶりにアコーデオン漬けの2日間を過ごした。
「Des Rives d'Accordéon(アコーデオンの岸辺)」というフェスティバルがパリで開催されたのだ。
パリに住み始めてもうすぐ4年。でも、意外なことに、こんな大きなアコーデオンのイベントが開催されるのは初めてのこと。
会場となったラ・ヴィレットは、近代的なコンサートホールや美術館が点在するアミューズメントパーク。その昔ここは、家畜の屠殺場だったらしいが、今はそんな生々しい面影は跡形もなく、緑あふれる憩いの公園になっている。
開催前日、このイベントの初日にアマチュアの演奏コーナーがあると友達に聞いて、担当者に参加したい旨の電話をかける。インターネットでの申込みはとっくに終わっているから、駄目かなあ。いやいや、でも、ここはフランスだから。。。すると拍子抜けするくらいあっさり「全く問題ありません」と返事がかえってきた。
さすがフランス人は企画・段取りがアバウトでいいなあ。そんなわけで、急遽、イベント関係者として参加させてもらえることになった。

c0085370_1122399.jpg当日集まったアマチュア・アコーデオニストは約20名。主催者側のコンセプトは、野外のコンサート会場へ続く道の両側にアコーデオニストが等間隔で座り、コンサート前の賑やかしとして30分間思い思いに演奏するというもの。そしてコンサート開始5分前には会場から一番遠くの演奏者から順々に立ち上がって、演奏しながらお客様を誘導していく。1人、2人とアコーデオニストの流れが大きな川になっていき、最後は全員で演奏なんて、グッド・アイデア。でも、さすがはフランス。アイデアはいいけど、詰めが甘い。最後は一人一人勝手に演奏して、何となくばらばらと終了。私だったら、最後はお馴染みの曲を全員で合奏して、ラストを華々しく盛り上げて・・・なんて発想してしまいそうだけど、はりきり過ぎず、肩の力が抜けたフランスの企画センス。みんな満足そうな顔をしているし、このくらいでいいのかも。

そんな道端での演奏中に、フェスティバルの取材に来ていた一人のムッシューと仲良しになった。彼は、フランス南部の町、ピレネーで、「Accordéon sans frontières(国境なきアコーデオン)」というラジオ番組を持つパーソナリティ、そして自らもアコーデオン奏者だという。記念すべき500回目の放送となる9月9日は、フランス・アコーデオン界の女王イヴェット・オルネがゲスト。往年のファンにとっては聞き逃せない放送となるに違いない。
2日間のフェスティバルで、さまざまなジャンルから呼び集められたアコーデオニスト達。
なかでもとりわけ私の心を惹きつけたのは、トゥールーズから来たアコーデオン3人組。彼らはスペインや東欧系のさまざまな伝統音楽をミックスして濃厚でオリジナルなサウンドを作っていた。身体の中を龍が駆け抜けていくような力強い音のうねり。アコーデオンだけで結成されたグループはあまり聞かない私も、彼らの音楽にはすっかり魅了。
そして、チベット人の若手女性アコーデオニストの演奏が聴けたのも貴重な体験。祖国の音楽を独特のリズム感で表現し、小さな身体でアコーデオンを自在に操る。

c0085370_11255922.jpgc0085370_11275141.jpg
(写真左:人懐っこい笑顔のダニエルとチベットのアコーデオニストMan Xinと)
(写真右:衣装をほめたら、演奏より衣装の方が良かったって言われるのがコワイ~だって)

そして、2日間のフェスティバルのラストを飾るのは、bal musette(バル・ミュゼット)。バル・ミュゼットとは1900年代初頭にパリの下町で大流行したダンス音楽のこと。パリに労働を求めてやって来たフランスの田舎のオーヴェルニュ人とイタリア移民が夜な夜なダンス・パーティーを開いた事から生まれた音楽である。ディアトニック・アコーデオンのダニエル・ドネショー率いるこのバンドは、当時使われた楽器や衣装のスタイルにこだわるのはもちろん、客の乗せ方も当時のパリジャン訛りの話し方で雰囲気を盛り上げる。現在、この古き良き時代を偲ばせる演奏は彼ら以外に聴く事ができない、という貴重なグループだ。
c0085370_11295738.jpg
(↑友達のジャン・イヴとジャン・クロードもbalに参加。彼らとは、2年前、日本でコンサートツアーを企画して東京と新潟を一緒に回った)

どういうわけか私はこのダンス音楽にやたら弱い。特にこのバル・ミュゼットに合わせて楽しそうに踊るダンサーの顔を見るとどうにも涙腺がゆるんでしまう。以前、一度、自分が演奏している最中に、居合わせたみんなが突然手をつないで踊り出す幸せな瞬間を体験したことがある。透明な水の中にインクをほんの一滴ポトンとたらした時のような、一瞬で空気の色が変わる音の魔法。私はこの時、初めて、音楽を演奏する真の喜びを味わったように思う。
演奏が進むにつれて、ダンスの輪は少しずつ広がっていく。ダンサー達は必ずしも男女ペアというわけではない。スペインの伝統音楽パソ・ドブレがかかると、もうたまらないとばかりに、手を取り合いギャロップを始める、高校生くらいの若い男の子2人組。青春時代にダンスホールに通ったに違いない白髪の上品なマダムが2人、頬を赤く染めながら踊りの輪に加わる。赤ちゃんを腕にくるくる踊る幸せそうな若い夫婦。そして、淡々と音楽を奏でるミュージシャン達もその楽しそうな様子をちらっと見ては、時々満足げに顔をほころばせる。
演奏がすべて終わって鳴り止まない拍手の音を聞きながら、ふと空を見上げると頭上には果てしなく濃紺の空。子供の頃、夏休み最後の1日が終わろうとする瞬間、急にその事実を悟って胸がきゅんとなった。その甘やかでせつない記憶がふいに押し寄せた。
今年の夏よ、さようなら。
c0085370_11334455.jpg

[PR]
# by DegorgeRie | 2006-09-01 08:21 | Comments(8)

22年の時を経てついに劇場公開

昨日、初めて入ってみた近所の公園で、英仏家庭の男の子2人と彼らのお母さん(イギリス人)にたまたま出会った。
オクターヴ(うちの子供)が、自分と同じくらいの身長の次男に興味を示して、いきなりガシッと抱きついたために、3人に急接近することになったのだ。
そのイギリス人女性は、オクターヴの履いている靴(幼馴染のMakiちゃんがプレゼントしてくれた)に注目して、「とてもいい靴ね」とほめてくれた。私が、「日本製です」と言うと、「あなた日本人なの?」とちょっと驚いた表情になった。
実は、上の男の子(4歳位?)が、日本が大好きで、日本語を勉強したいと言っているほどなのだそう。どうしてそんなに日本が好きなのか聞いてみると、「多分、TOTOROを見たせいだ」と言う。
TOTORO!「となりのトトロ」ならジブリ作品の中で、私がベスト1にあげる大好きな映画。英仏ハーフの君にもあの映画の良さがわかるのか、と急激に親近感が湧く。
お母さんは、その男の子に、「本当の日本語に触れる良い機会よ」と言って、日本語を教えてもらうように彼を促す。何か日本語の言葉を言って、と言われたので、まずは「こんにちは」を教えてあげる。「KONNICHIWA」とてもキレイな発音。トレトレビヤン!(とっても上手!)とほめてあげる。
すると、気をよくしたのか、今度は思い浮かぶものを片っ端から、家はなんていうの?シーソーは?すべり台は?暖炉は?(暖炉なんて言葉が出てくるあたり、いかにもブルジョワ家庭のお坊ちゃまだわ)と聞いてくる。
そして最後に「トトロは存在するの?」と私の目をじっと見つめて聞いてきた。ちょっと迷ったけれどすぐに「うん、いるよ」と答えた。彼がそう言って欲しいと願っているのがわかったし、私自身もそう信じたいという思いから。するとすぐそばで、彼のお母さんが「本当はいないのよ」と小さな声でつぶやいた。

c0085370_7501223.jpgさて、今日8月23日からパリで「風の谷のナウシカ」の劇場公開が始まった。日本での初公開は22年前だというから、日本からフランスに来るまでの間にちょうど、1人の赤ちゃんがオギャーと生まれて大学に行って就職するまでの時間がかかったというわけである。
こちらでも大人気のスタジオジブリ映画。最近の作品(多分もののけ姫くらいからだと思う)はタイムリーに公開されているけれど、過去の作品に関しては2003年初めにラピュタが公開されて、その後、トトロ、魔女の宅急便、猫の恩返し、となりの山田くん(この日本人的笑いをフランス人はどう受け止めるのか興味津々ですが)、などが順々に公開されている。
なぜこれらの作品が公開されて、初期の長編大作であるナウシカが公開されないんだろう、とずーっと疑問に思っていたので、先日、この広告をお尻につけたバスを見かけた時に、「ついに!」という思いだった。もしかしたら、徳間書店は、映画を興行的に成功させるために、大手の配給会社が契約してくれるのをずっと待っていたのかもしれない。

公園で出会った男の子のように、日本のMANGAやアニメがきっかけで、日本に興味を持ったというフランス人の子供、または大人を私は何人か知っている。この国で知り合いがそんなに多くはない私でさえ、何人も知っているのだから、実際には相当数になるだろう。この作品の公開も間違えなくまたプチ日本ブームの手助けになるのだろうな。
[PR]
# by DegorgeRie | 2006-08-23 23:48 | Comments(8)

NEZOU。。。

c0085370_9465094.jpg

子供が生まれてから寝相や寝顔を見るのが楽しみになってます。
赤ちゃんの時はみ~んな大の字になって寝ているのに、大人になると、大の字で寝てる人ってあんまりいませんよね。体型のせいでしょうか。
子供の寝相って日によってさまざまでついつい写真を撮ってしまいます。昼寝している時が多いんですけど。

フランスでは、子供がいつも肌身離さず持っているお気に入りのモノのことを「doudou(ドゥドゥ)」と呼びます。そう、"ライナスの毛布"のことですね。ぬいぐるみの子もいれば、お母さんのTシャツという子もいる。寝る時には必ずこれを持ってベッドに行きます。

うちの子供はろばのぬいぐるみ(上の写真で顔に乗っかってるのがそうです)。成長過程に応じて好みも変化するみたいで、一番最初は、タオルつきのクマちゃんでした。これは本当に肌触りが柔らかだったので、生まれたての赤ちゃんにはぴったりだったのです。
そして、だんだん成長して触覚が発達し、歯が生えてくるに従って、最終的に今のろばになりました。いろんな触り心地が楽しめて、歯でカジカジできるのがいいみたいです。
特に、お尻と、目の周りが好きで、この部分はいつもよだれで濡れて色が変わっている。たまに洗わないと、本気でぞうきんみたいな匂いになってしまいます。
こんなに好きでも時々飽きる時があって、そういう時はろばをあげても見向きもしないで、別のぬいぐるみに走る(こういうのも浮気?)。でもちょっと遊んでもやっぱり最終的に帰るのは"本妻"のろば。

そしてまた、このろばが非常に困りものなんです。放浪癖があるろばで、今のろばは3匹め。
最初は出産祝いにお隣りに住んでいるドミニクにいただいたのですが、昨年京都を旅行中に逃亡。さんざん探してあきらめ、でもあきらめきれずに、販売元ローラ・アシュレイの日本のお店に問い合わせ、同じものを購入。
ところが、今年4月に友達の結婚式でイギリスに行ったらまたまた逃亡。今度はパリのお店に問い合わせるも全店売り切れ。仕方なく母に頼んで日本のお店に問い合わせてもらい、大阪店に2匹だけ残っていたのを原宿まで取り寄せてもらい購入。宅急便で送ってもらいました。
今は一匹は子供と一緒に、一匹は日本で3度目の逃亡に備えて待機中です。

そんなわけで、もし本当に子供のお気に入りのdoudouがあったら、絶対2つは買っておかれることをおすすめします。
[PR]
# by DegorgeRie | 2006-08-21 09:27 | Comments(8)

グレードアップした"Paris Plage"

c0085370_10404552.jpg

今年も夏の風物詩"パリ・プラージュ"がやって来た。
7月20日~8月20日までの1ヶ月間、パリの中心地シテ島とサン・ルイ島沿いのセーヌ川沿いの一部の車道が封鎖され"パリ海岸"に変身するのである。
パリ市長であるドラノエ氏が考案したというこのイベントも今年で5年目。お金がなかったり、仕事があったりでバカンスに出かけられないカワイソウなパリ市民にも"プチバカンス気分"をということらしい。キメ細かい白砂に置かれたデッキチェア、ビーチバレー、プール、カフェ、ダンスサロン、ロッククライミング、釣り、マッサージコーナー、ピクニック・エリアなどなど。セキュリティ対策として、救護室、警察も常駐している。
中には、さまざまなアーティストが道端で小銭稼ぎをしていたりするけど(多分無許可)、砂アートのライブショーは道行く人の目を引くなかなかのアイデア。
c0085370_1035497.jpg

3年前の夏に初めて訪れた時は、正直「ふ~ん」という感じで、ほんの少し散歩しただけだったのだが、毎年少しずつ趣向を変えて改善されているような気がする。
今年は、右岸だけだった海岸スペースが、左岸にまで拡大している。
それから、ビジュアルデザインがいい。今年は"ポリネシア"をテーマにしているからか、ビジュアルモチーフは、ハイビスカスとトカゲを使用して、かなりトロピカルムードに仕上がっている。
以前、広告やマーケティングの仕事に携わっていたせいか、歩いていると、案内看板、サイン関係の類がどうしても気になってしまう。広告に比べて、地味でしかも面倒くさいデザインワークなだけに、この仕事を受け持つデザイナーの力量がでるのではないかと思うのだ。そして、意外にここが"お客様満足度"の要だったりする。
パリ市が巨額の予算を投じているプロジェクトということなのだが、今年は後半の2週間は異例の気温の低下のため、ビジター数に影響が出ているのではないかと心配だが、来年もぜひ継続してくださいね、パリ市さん。

c0085370_10585321.jpgc0085370_10512034.jpg

(写真右上*お土産ショップで売られている携帯用ドリンクボトル。バッグに入れて持ち歩くのが楽しくなりそう♪)


c0085370_1047444.jpgc0085370_10562069.jpg

(写真左上*ゴミ箱は会場内に120ヶ所。その分別ゴミ表示までしっかりデザイン統一。「パリ・プラージュで私は選別します」と英仏2ヶ国語で。さすがパリ市主催!)
[PR]
# by DegorgeRie | 2006-08-19 09:28 | Comments(4)

午後7時のアフタヌーンティー

昨夜、我が家のお隣さんフローランスが実家のオーヴェルニュから1ヶ月ぶりに戻ってきた。
オペラ歌手である彼女は、フリーランスで仕事しているため、家にいることが多い。
そのため、現在専業主婦状態の私とは顔を合わせる機会が多く、気がついたら仲良しになっていた。
今朝、アパルトマンの中庭で子供を遊ばせていたら、彼女がやって来て、子供の頃から可愛がってもらっていた親戚のおじさんが昨日亡くなったと告げた。彼女が実家に発つ前日会った時は、余命いくばくもないそのおじさんのお見舞いに行くところだったのだが、ついにその日がやって来てしまったのだ。
彼は農業を生業としていて、一年中干し草が舞う環境の中で仕事していたために、その干し草のくずが徐々に肺を詰まらせていき、呼吸困難に陥っていったのだという。少しずつ肺の機能が低下し、じわじわと真綿で首を絞められるかのごとく息が苦しくなっていくとは、なんと残酷な病気だろうか。
彼が彼女に最期に残した言葉は「Chante bien(しっかり歌いなさい)」。これを聞いて思わず涙が出てしまった。
夕方、夕食の準備をしていると再び彼女がやって来て、中庭で一緒にお茶を飲まない?と誘ってくれた。スコットランドのビスケット、しっとりとした小さなパウンドケーキ、そしてダージリンティー。そういえば、しばらくこんなゆったりしたお茶の時間を過ごしていなかったなあ。
お茶を飲んでいると、夕立がさーっと降って来たので、二人でテーブルの端っこを持って、中庭の真ん中の木の下に移動。この木は夏になると葉っぱをこんもり茂らせて、強い日差しや雨を遮ってくれるのだ。現在は、鳩の夫婦と赤ちゃんがこの木の住人。
雨の音を聞きながら、なおもしつこくお茶を飲んでいると、フレデリックが仕事から帰ってきた。当然3人でお茶。
夕食を終えた10時頃、今度は同じ建物内に住むジャーナリストの女性がやって来た。彼女の家のテレビの映りが悪いので、うちはどうか知りたかったらしい。ついでにそのまま30分ほどフレデリックと話し込んでいく。
バカンスでがらんと空洞化したパリに居残っている者同士、なんとなく人恋しくなってしまっているのかもしれない。
[PR]
# by DegorgeRie | 2006-08-17 09:49 | Comments(13)

パリのアコーディオニスト Rie のオフィシャルブログ


by Rie
プロフィールを見る