<   2011年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

LABO LOVE JAPAN

c0085370_519183.jpg

今日からいよいよ始まりました。
一年に一度、パリで行われるショコラの祭典、サロン・デュ・ショコラ。
さすが、世界中からショコラティエが出展に来ているだけあって、お客様も実に国際的。
様々な国の言葉が飛び交っています。
今まで何度かお客さんとしては訪れたことがあったのですが、今回は4日間、「LABO LOVE JAPAN」というチャリティショップで販売のお手伝いをさせていただくことになりました。
「LABO LOVE JAPAN」は東日本大震災の被災者の方々を少しでも応援したいと、フランスで働くパティシエやショコラティエ達が集まって作ったアソシエーションで、これまで行われた活動を通じて、7月9日現在で22128.73ユーロをすでに日本赤十字に寄付されています。このアソシエーションの代表であるパティシエの治代さんとお友達だったことから、直々に声をかけていただいて、参加させていただくことになりました。
c0085370_5272089.jpg
(LABO LOVE JAPAN特製のサブレは、ゆず、にんじん、ほうれんそう、さつまいもなど9種類のフレーバー)

治代さんの飾らない人柄と日本への熱い思いが多くの人達を惹きつけ、LABO LOVE JAPANの活動はこの何ヶ月間かの間にどんどんと人の輪を広げていきました。そして今回が、アソシエーションとしての最後の活動ということで、趣旨に賛同した日仏のパティシエ、ショコラティエ達から、これまで以上にたくさんのお菓子が届きました。
メイン商品は何といってもショコラですが、それ以外にも、サブレ、マカロン、パウンドケーキ、和菓子、マシュマロなど、さまざまなバリエーション。フレーバーでは全体的にゆず風味がトレンドのようで、桜の葉や山椒風味のマシュマロなどちょっとオリジナルな商品も試食されたフランス人に好評でした。
さらにワクワクするのが、ディスプレイ!赤と白を使ったポップで楽しいディスプレイはすべてパリ在住の紙のアーティスト、Schokoさんの作品です。テーブルクロスはカップケーキみたいだし、帽子も可愛いし、まるでお菓子の国に迷い込んだみたい。
c0085370_530864.jpg

c0085370_5304810.jpg
(お菓子のソーイングセットは、日本のパティスリー、アンファンのもの)
c0085370_529142.jpg
c0085370_5311851.jpg
(一番左が治代さん。普段はリキュールの会社でレシピ開発をお仕事にされていますが、震災をきっかけにアソシエーションを立ち上げ、お仕事をしながら義援金活動をされています)

お菓子を通じて、どうぞ日本にたくさんの愛が届きますように。
パリにお住まいの方も日本からたまたま旅行中の方も、ぜひ遊びに来て下さい。
☆LABO LOVE JAPANサイト
[PR]
by DegorgeRie | 2011-10-21 07:09 | Comments(4)