<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

星の王子様の日記帳

c0085370_1884921.jpg

子供といると日々他愛もない面白いことが起こる。
日々の成長のしるし、大人の想像を超えたユニークな発言集、取るに足らないちょっとした出来事なんかは、気がつくと、日常に忙殺されてあっという間に自分の頭を通過して、記憶の排水溝へと流れて行ってしまう。
これらの記録を写真以外の方法で備忘録としてノートに書き止められないか、と思っていながら、ぴったりくるノートがないことで後回しにしていた。
でも先日、ふと、5年日記、10年日記といった日記帳が日本に存在することを思い出した。そしてインターネットで探してみたら、星の王子様の5年日記というのが見つかった。そうだ。これを育児日記にしよう。でも待てよ?星の王子様の作者はもちろん、フランス人であるサン・テグジュペリ。ならば、これはフランスで手に入るのでは?と思ったけれど、フランスのサイトでは見つからず。5年日記、10年日記という発想はやっぱり日本独自のものなのかしら、と思う。日記はいつも3日坊主の私。自分について書く日記は続いた試しがない。でも、子供についてだったら、このくらいのスペースだったら続けられるんじゃないか。そして、今年、自分への誕生日プレゼントとして、日本から取り寄せることに。そして、この週末、ようやくポストに届いた。
思っていたよりもずっしりとした重み。中身はシンプルな一色刷りだけど挿絵と色が月ごとに変わっているので、単調な感じがしない。挿絵が紙質もつるつるして丈夫で書きやすく、1日ごとのスペースは4.5㎝×6㎝くらい。
子供が大きくなった時に果たしてこれを読んで、「ああ、俺もこんな時があったのか」と思ってくれるかわからないし、そもそも外国暮らしで日本語が満足に読めるようになっているのかさえ危うい。でも3日坊主にならないよう、できる限り子供が大人になるまで、せめて10年は続けていきたいと思う。
今悩んでいるのは、生まれてから今に至るまでの期間。届いた日から初めてもいいのだけど、やっぱり生まれてからの記録もしておきたい。今まで撮った写真や記憶を頼りに少しずつ埋めていこうと思っているのだけど、決定的な事項、たとえば初めて歩いた日、などについてだいたいの日にちしかわからない。こうやって考えていくと、いい加減な親だと思う。

ところで、この写真で、日記と一緒に写っているのは、子供が6か月の時に記念に作ってもらった石膏の手型。
ある日家族でパリを散歩していたら、石膏によるメモリアルグッズとして作っているお店をたまたま見つけたので、、面白いと思って作ってもらった。作るのは案外簡単で、上部を切り取った大きなペットボトルの入れ物に、歯医者さんの歯型を作る時みたいに使うような粉と水を入れてこねて、固まったところに子供の手を突っ込んで型をとる。型は一応2回とって、お店の人がいいと思った方が後日出来上がってくる。
出来上がって来るまで、どんな形なのかわからなかったのだけど、取りに行った時、この親指と人差し指を輪っかにしているような仕草が優しく、仏様みたいだとみんなで喜んだのを思い出す。

そうか、あの時からもう3年以上も経ったんだ。これから先いったいどんなことが起こるだろう。嬉しかったことも悲しかったことも大した出来事が起こらなかったことも全部まとめて、綴っていけたらと思う。
[PR]
by degorgerie | 2009-03-16 19:04 | Comments(8)

子育てってなんだろう?と考えさせられた出来事

c0085370_1603397.jpg

今、書店に並んでいる、ロハスキッズという育児雑誌に私たち家族が紹介されています。
「選んで幸せになる、フランスの子育て事情」と題された記事の中の「子育ては、音楽を奏でることに似ている」というところです。
取材の話があったのは2月。子供が週1回通っている日本人の幼稚園で、取材に応じてくれる日仏家族を探している、と理事の方から電話をいただいたのが水曜日。それから4日後の日曜日の朝、パリ在住の日本人ジャーナリストの南谷さんがドイツ人のカメラマンとその助手の方を連れて3人で自宅までいらっしゃいました。
フランスでの子育てとかバイリンガル教育についてなど、インタビューされるのだけど、全然言葉が出てこない。取材されることに慣れていないのもあるし、自分の考えをしゃべるのが気恥かしい。事前に何をしゃべろうとかほとんど用意していなかったのも原因です。
その点、フレデリックは、意見を求められると、たて板に水といった感じで、実に流暢に自分の意見を話せる。もともとおしゃべりなのもあるけど、自分の意見をしっかり論じるというフランスの教育を受けているから、こういう時に強いなあ、さすがだなあ、と思ってしまう。
その後、カメラマンさんのアイデアで、中庭の方に出て、写真撮影することに。アコーデオンも持って来てください、とこれまた想定外のシュチュエーション。カメラマンの方は、建物の中庭に入ってすぐに、この階段の壁のあたりがすごくパリっぽい、と感じたそう。
1時間ほどの取材はあっという間で、私は話したいことがちっとも話せなかったなあ、とかなり後悔。取材前に考えておくべきだったことを、取材が終わってから初めて、子育てってなんだろう、とか、こんな事話せばよかったなあ、などと悶々と考えたりして、ほんとに私らしい間抜けぶり。でも取材から1週間ほど経ってから、南谷さんから補足の電話取材があったため、そこでようやく少し自分の考えを伝えることができました。
それから1か月後。つい先日、南谷さんから掲載誌が送られて来ました。家族3人でどきどきしながら開けたのですが、うわー、思ってたより写真が大きい!この記事ではフランスで暮らす3組の家族が紹介されているのですが、私たちはその中の1家族。
こうやって記事を読んでみると、自分たちのことでありながら、自分たちの知らない家族の話のように感じられます。もちろんそこには、私たちが実際に言った言葉が散りばめられているのだけど、そこに編集の手が加わることでいかようにもイメージが変化することをあらためて実感。同じ素材を使っても料理人によってまったく違う料理ができるように、家庭菜園で採れた不揃いな野菜が、美味しいソースで料理されて美しいお皿に乗せられているみたいで、ちょっとくすぐったい気持ち。これを読んだ一般の人たちは私たちをどんな家族だと思うのかな。
そして今回、もうひとつ嬉しかったことは、南谷さんのようにフランスで活躍されているジャーナリストの方とご縁ができたこと。でも実は、この方は私が2年前から日本語を教えている男の子のお母さんとも知り合いであることがあとからわかりました。フランスの食に関する本を何冊も書かれている南谷さんは、最近、ある1人のフランス人が発起人となった「隣人祭り」を日本で広めようと活動されています。その活動を担う方たちの中には、あの「生物と無生物のあいだ」の福岡伸一さんもいらっしゃいます。私が昨年読んだ本の中で一番印象的だった本の作者です。
いろんな人が意外なところでつながっていておもしろいものですが、その鎖をたどっていくと、すべての人が隣人だったりするのかもしれません。
☆「隣人祭り」サイト
[PR]
by degorgerie | 2009-03-15 18:45 | Comments(14)