2011年 04月 21日 ( 1 )

レンヌと仙台、手を取り合って。

フランスのブルターニュ地方にあるレンヌ市は、仙台と姉妹都市になって40年以上経つそうです。
東日本大震災の後も、街頭でいち早く募金活動が行われ、市民の方々から莫大な募金が寄せられたという話も聞きました。
そんなレンヌ市で明日21日に、日本支援のチャリティーコンサートが開催されます。お友達のハーモニカ奏者、奈美ちゃんからお誘いを受け、私達もデュオで演奏で参加させていただくことになりました。
このコンサートのテーマは「手を取り合って」。QUEENの隠れた名曲「Let us cling together(手を取り合って)」にちなんでいます。
私達は、奈美ちゃんのハーモニカソロの曲の他、宮崎アニメの曲など日本の曲を何曲か演奏させていただくことになりました。
日本支援という特別なコンサートのため、急きょ日本の曲をセレクトしたのですが、弾いていて日本の曲って癒されるというか、やっぱりいいなあと思いました。私にとっては初となる大きなコンサートでの演奏になるので、今からドキドキですが、心を込めて楽しく演奏してきます。
ポスターに写っている私達2人の写真を撮ってくれたのは、お友達のカオリちゃん。昨年パリに遊びに来た時に、寒い雪の日にお願いしてうちの近所で撮ってもらいました。理由はわからないけれど、なぜかこのポスターでは画質が粗くなっていて残念ですが、すてきな写真を写してもらいました。
このコンサートには、ブルターニュを拠点に音楽活動や先生をされている尺八奏者のヴェロニクさんも出演されます。myspaceで演奏を拝聴したのですが、フランス人でありながら日本人の心のひだを繊細に表現されていてすごいと思いました。ヴェロニクさんと演奏される日本人の音楽家の方とお会いできるのも楽しみです。みなさんからたくさんよい音楽を吸収してこようと思います。
コンサートの翌日から数日はブルターニュの小旅行に行ってきますので、また帰ってきたら旅行のお話ができると思います。
c0085370_861724.jpg

[PR]
by degorgerie | 2011-04-21 08:28 | Comments(6)

パリのアコーディオニスト Rie のオフィシャルブログ


by Rie
プロフィールを見る