2011年 01月 04日 ( 1 )

東京エーデルワイス

c0085370_19301610.jpg

あけましておめでとうございます。
どんなお正月をお過ごしですか?
今年も超マイペースでの更新になるかもしれませんが、時々のぞきにきてくれると嬉しいです。

フランスの新年はパッと祝って、あっという間に仕事も学校も始まります。
今年は早くも3日から。お正月気分なんかありません。
逆にクリスマスは余韻たっぷり、クリスマスのデコレーションなんか新年過ぎても飾ってあるほどです。

新年早々、日本からフランスへ旅行に来た昔の会社の同僚が連絡をくれて、少ない時間の中、一緒にランチをしてくれました。
3年ぶりに会う彼女は相変わらず薔薇の花のように美しく輝いていました。
昔の同僚達の話になって、彼女たちがほとんど結婚したり子供を持ったりしてるので、自然と結婚話みたいになりました。
「婚活しなきゃ!」なーんて言っても、今の生活にも結構満足しているようだし、全然焦っている感じはしません。適齢期、とか周りが騒ぐから、自分も気にしているようなふりをしなきゃいけないことが多いのかも、と思います。
フランスみたいな、人それぞれが自分の思うままの人生を歩んでいて、誰もそれに口出ししない国だったら、こんな気苦労はないんでしょうけど。
それにしてもこんな可愛い女性をほっとく日本の男性のみなさん、一体どこを見て歩いてるんでしょうか。
フランスだったら、あっという間にいろんな男性が寄ってきて誰かがさらっていっちゃいますよ。

彼女のことを考えていて、不意に思い出した大好きな曲があります。
お友達のおごとちゃんと鵜戸ちゃんによるユニット、プチペチカの「東京エーデルワイス」。
作詞作曲はピアノのおごとちゃんです。他にもすてきな曲がたくさんありますが、私はこの歌が大好き。独身時代に、そうそう、自分だって捨てたもんじゃないよね、ってすごく元気をもらいました。
まだ私が東京でアコーデオンを弾きながら働いていた時に、ライブにゲストで呼んでくれて一緒に演奏したりもしました。あの頃はおごとちゃんも鵜戸ちゃんも私もみんな独身で、まさにこの曲の主人公みたいだったけど、今はみんな1児の母になっているんだなあ、なんて思うと、ちょっと感慨深いです。
鵜戸ちゃんは今、ベルギーで子育て、おごとちゃんは子育てしながら編集者として頑張っているけれど、いつかまたぜひ彼女たちの生のライブが見たいです。二人とも、よろしくね。
マイスペースで彼女たちの他の曲も聴けます。歌詞もピアノのアレンジも、鵜戸ちゃんの声もすごく素敵です。よかったら聴いてみて下さいね。

☆プチペチカ「東京エーデルワイス」
オススメの聴き方→サビの「モッタイナ~イ モッタイナイナ」の部分を大声で一緒にコーラスすると気持ちがさらに盛り上がります。さあ、女性のみなさん、恥ずかしがらずに、一緒にどうぞ!
[PR]
by degorgerie | 2011-01-04 19:31 | Comments(14)

パリのアコーディオニスト Rie のオフィシャルブログ


by Rie
プロフィールを見る