2008年 08月 21日 ( 1 )

メイド・イン・ジャパン

先週末は三連休だったため、友達のギュロン家の別荘に遊びに行ってきました。
ここは、30年来になる夫の友達である陶芸家のクリスティーヌのお母さんが所有している別荘なので、私たちはたびたびご好意に甘えて泊まりに行っているのですが、初めて行った時はびっくりしました。
何がすごいって、まず広い。17ヘクタールの敷地は深い森に包まれ、野生のシカや野うさぎが住んでいます。小さなお城が1つと、小さな家が2つ、ボート遊びや釣りが楽しめる小さな湖とテニスコートと陶芸のアトリエと果樹園と野菜畑と・・・。田舎暮らしに憧れている人にはまたとない環境です。
私たちがお邪魔するのは春や夏が多いのですが、この時期、彼らは男女関係なく総出で働きます。広大な芝生の草刈り、倒木の除去、傷んでいる家屋の修繕など、膨大な肉体労働を淡々とこなします。農作業用のトラクター(フランスでもクボタが有名)もプロ並みに扱います。
以前クリスティーヌに、日本に里帰りするからお土産は何がいいかと聞いたら、「ぜひ軍手をたくさん買ってきて。日本の軍手は素晴らしい」と即答。陶芸家だから土を混ぜる時に使うのはわかるけど、なぜそれほど大量に?と思っていたわけが、ここにきて初めてわかりました。
先日母がこちらに遊びに来た時に彼らのために軍手を1ダース買って来てくれたので、お土産に持って行ったらみんな大喜び。夕食の時にまではめていた男の子がいました(肉汁でべとべとにしてたけど)。
c0085370_23422147.jpg

[PR]
by degorgerie | 2008-08-21 23:58

パリのアコーディオニスト Rie のオフィシャルブログ


by Rie
プロフィールを見る