2006年 08月 19日 ( 1 )

グレードアップした"Paris Plage"

c0085370_10404552.jpg

今年も夏の風物詩"パリ・プラージュ"がやって来た。
7月20日~8月20日までの1ヶ月間、パリの中心地シテ島とサン・ルイ島沿いのセーヌ川沿いの一部の車道が封鎖され"パリ海岸"に変身するのである。
パリ市長であるドラノエ氏が考案したというこのイベントも今年で5年目。お金がなかったり、仕事があったりでバカンスに出かけられないカワイソウなパリ市民にも"プチバカンス気分"をということらしい。キメ細かい白砂に置かれたデッキチェア、ビーチバレー、プール、カフェ、ダンスサロン、ロッククライミング、釣り、マッサージコーナー、ピクニック・エリアなどなど。セキュリティ対策として、救護室、警察も常駐している。
中には、さまざまなアーティストが道端で小銭稼ぎをしていたりするけど(多分無許可)、砂アートのライブショーは道行く人の目を引くなかなかのアイデア。
c0085370_1035497.jpg

3年前の夏に初めて訪れた時は、正直「ふ~ん」という感じで、ほんの少し散歩しただけだったのだが、毎年少しずつ趣向を変えて改善されているような気がする。
今年は、右岸だけだった海岸スペースが、左岸にまで拡大している。
それから、ビジュアルデザインがいい。今年は"ポリネシア"をテーマにしているからか、ビジュアルモチーフは、ハイビスカスとトカゲを使用して、かなりトロピカルムードに仕上がっている。
以前、広告やマーケティングの仕事に携わっていたせいか、歩いていると、案内看板、サイン関係の類がどうしても気になってしまう。広告に比べて、地味でしかも面倒くさいデザインワークなだけに、この仕事を受け持つデザイナーの力量がでるのではないかと思うのだ。そして、意外にここが"お客様満足度"の要だったりする。
パリ市が巨額の予算を投じているプロジェクトということなのだが、今年は後半の2週間は異例の気温の低下のため、ビジター数に影響が出ているのではないかと心配だが、来年もぜひ継続してくださいね、パリ市さん。

c0085370_10585321.jpgc0085370_10512034.jpg

(写真右上*お土産ショップで売られている携帯用ドリンクボトル。バッグに入れて持ち歩くのが楽しくなりそう♪)


c0085370_1047444.jpgc0085370_10562069.jpg

(写真左上*ゴミ箱は会場内に120ヶ所。その分別ゴミ表示までしっかりデザイン統一。「パリ・プラージュで私は選別します」と英仏2ヶ国語で。さすがパリ市主催!)
[PR]
by DegorgeRie | 2006-08-19 09:28 | Comments(4)

パリのアコーディオニスト Rie のオフィシャルブログ


by Rie
プロフィールを見る