大地くん

日仏家庭の9歳の男の子に日本語を教えに行って来ました。
彼の名前は大地くん。サッカーとテレビが大好きな、素直でお茶目で優しい男の子です。
以前一度公園でばったり会ったことがあるだけで、話しをするのは初めて。この年頃の男の子に慣れていない私は、初対面なのに家でいきなり2人っきりという状況に妙に緊張。まるで付き合って初めて恋人の家に遊びに行ったみたいでした。

大地くんのママから、子供に日本語を教えてくれる人を探しているんだけど、誰か知らない?と電話があったのが10日ほど前。大地君のママとは、ブリュッセルに住んでいるアコーデオン友達を介して1年前に知り合いました。とても仕事が忙しい彼女とは、なかなか会える機会がないのだけれど、遊びに行くとゴハンを作ってくれたり、パリに長く住む先輩としていろいろなアドバイスをしてくれたり、尊敬している素敵な女性。電話で話しているうちに、もしRieさんが引き受けてくれたら私もありがたいけれど、赤ちゃんがいて大変かなと思って、と話が展開していって、その後私自身もよく考えた結果、引き受けさせてもらうことになりました。今日はその家庭教師の第一回目でした。
引き受けた理由のひとつには、私も彼女と同じ問題を抱えているからというのがありました。自分の子供に日本語を話せるようになってもらうにはどうしたらいいだろう。そのことが最近の一番の関心事になっている私にとって、これはいい経験をさせてもらえるチャンスと思ったからです。もちろん、人に日本語を教えるなんて初経験。こんな素人に務まるだろうかとの不安はあります。でも大地くんがもっと日本語に興味を持ってくれて、上達してくれたら嬉しいだろうな、、、と考えると挑戦してみたくなりました。

大地くんは普段、日本語で話しかけるママにたいていフランス語で答えています。日本語は結構理解できるけど、いざ自分が話す段階になると母国語であるフランス語の方が彼にとっては断然楽。街を歩いていて、日仏家庭にお邪魔して、私はこういう母と子のやり取りを何度か見てきました。最初はそのちぐはぐなやり取りに驚きましたが、日本語を覚えてもらいたいママと日本語を覚える機会がなかなかない子供の会話としてはスタンダードなスタイルなんだと気がついたのは、自分が子供を持ってからでした。

大地くんのママから、ひらがな、カタカナも大分忘れてしまっていると聞いていたので、まず自己紹介からはじめて、大地くんの好きな物の名前を日本語で5つあげてもらいました。大地くんの好きなものは、"スポーツ、おんがく、そば、カレーライス、テレビ"でした。自分の名前と自分の好きなものとそれぞれひらがな、カタカナで書いてもらい、ひらがなカタカナ表に、今日書いた字をマルしてもらい、その中で自分が覚えていて本を見ずに書けた字を二重丸で囲んでもらいました。この表を次回はA3くらいの大きさにして持って行って、書ける字が増えるたびに、色で塗りつぶしてもらい、最終的に全部色で埋まるようにしてもらえたらといいなと思ってます。

今日はたった1時間ほどでしたが、集中して勉強もらうのがこんなにも難しいのかというのが一番の感想です。世の中の先生はこういう子供を数十人相手にしながら勉強を教えているなんて驚異です。

家に戻ってきて夕方託児所にオクターヴを迎えに行ったら、保母さんが、一枚の色画用紙を見せてくれました。右隅にペンでオクターヴの名前が書いてあって、シールが貼ってあります。「これ、オクターヴが作ったのよ」シールを貼るだけの簡単な遊びですが、オクターヴが生まれて初めて作った芸術作品(?)と思うと、愛しくて嬉しくてたまりません。こんな小さい子供でも、色の好み、形の好みってあるんですね。いっぱいいろんな色のシールを貼っている子もいましたが、オクターヴは緑と青だけで数も少なく地味。まだうまくシールをはがしたりすることができないこともあると思いますが、彼のちょっと控えめな性格が表れていました。

今日は2人の子供の成長を垣間見られるいい日になりました。
[PR]
by DegorgeRie | 2006-10-11 14:15

パリのアコーディオニスト Rie のオフィシャルブログ


by Rie
プロフィールを見る