午後7時のアフタヌーンティー

昨夜、我が家のお隣さんフローランスが実家のオーヴェルニュから1ヶ月ぶりに戻ってきた。
オペラ歌手である彼女は、フリーランスで仕事しているため、家にいることが多い。
そのため、現在専業主婦状態の私とは顔を合わせる機会が多く、気がついたら仲良しになっていた。
今朝、アパルトマンの中庭で子供を遊ばせていたら、彼女がやって来て、子供の頃から可愛がってもらっていた親戚のおじさんが昨日亡くなったと告げた。彼女が実家に発つ前日会った時は、余命いくばくもないそのおじさんのお見舞いに行くところだったのだが、ついにその日がやって来てしまったのだ。
彼は農業を生業としていて、一年中干し草が舞う環境の中で仕事していたために、その干し草のくずが徐々に肺を詰まらせていき、呼吸困難に陥っていったのだという。少しずつ肺の機能が低下し、じわじわと真綿で首を絞められるかのごとく息が苦しくなっていくとは、なんと残酷な病気だろうか。
彼が彼女に最期に残した言葉は「Chante bien(しっかり歌いなさい)」。これを聞いて思わず涙が出てしまった。
夕方、夕食の準備をしていると再び彼女がやって来て、中庭で一緒にお茶を飲まない?と誘ってくれた。スコットランドのビスケット、しっとりとした小さなパウンドケーキ、そしてダージリンティー。そういえば、しばらくこんなゆったりしたお茶の時間を過ごしていなかったなあ。
お茶を飲んでいると、夕立がさーっと降って来たので、二人でテーブルの端っこを持って、中庭の真ん中の木の下に移動。この木は夏になると葉っぱをこんもり茂らせて、強い日差しや雨を遮ってくれるのだ。現在は、鳩の夫婦と赤ちゃんがこの木の住人。
雨の音を聞きながら、なおもしつこくお茶を飲んでいると、フレデリックが仕事から帰ってきた。当然3人でお茶。
夕食を終えた10時頃、今度は同じ建物内に住むジャーナリストの女性がやって来た。彼女の家のテレビの映りが悪いので、うちはどうか知りたかったらしい。ついでにそのまま30分ほどフレデリックと話し込んでいく。
バカンスでがらんと空洞化したパリに居残っている者同士、なんとなく人恋しくなってしまっているのかもしれない。
[PR]
by DegorgeRie | 2006-08-17 09:49

パリのアコーディオニスト Rie のオフィシャルブログ


by Rie
プロフィールを見る