午後7時のアフタヌーンティー

昨夜、我が家のお隣さんフローランスが実家のオーヴェルニュから1ヶ月ぶりに戻ってきた。
オペラ歌手である彼女は、フリーランスで仕事しているため、家にいることが多い。
そのため、現在専業主婦状態の私とは顔を合わせる機会が多く、気がついたら仲良しになっていた。
今朝、アパルトマンの中庭で子供を遊ばせていたら、彼女がやって来て、子供の頃から可愛がってもらっていた親戚のおじさんが昨日亡くなったと告げた。彼女が実家に発つ前日会った時は、余命いくばくもないそのおじさんのお見舞いに行くところだったのだが、ついにその日がやって来てしまったのだ。
彼は農業を生業としていて、一年中干し草が舞う環境の中で仕事していたために、その干し草のくずが徐々に肺を詰まらせていき、呼吸困難に陥っていったのだという。少しずつ肺の機能が低下し、じわじわと真綿で首を絞められるかのごとく息が苦しくなっていくとは、なんと残酷な病気だろうか。
彼が彼女に最期に残した言葉は「Chante bien(しっかり歌いなさい)」。これを聞いて思わず涙が出てしまった。
夕方、夕食の準備をしていると再び彼女がやって来て、中庭で一緒にお茶を飲まない?と誘ってくれた。スコットランドのビスケット、しっとりとした小さなパウンドケーキ、そしてダージリンティー。そういえば、しばらくこんなゆったりしたお茶の時間を過ごしていなかったなあ。
お茶を飲んでいると、夕立がさーっと降って来たので、二人でテーブルの端っこを持って、中庭の真ん中の木の下に移動。この木は夏になると葉っぱをこんもり茂らせて、強い日差しや雨を遮ってくれるのだ。現在は、鳩の夫婦と赤ちゃんがこの木の住人。
雨の音を聞きながら、なおもしつこくお茶を飲んでいると、フレデリックが仕事から帰ってきた。当然3人でお茶。
夕食を終えた10時頃、今度は同じ建物内に住むジャーナリストの女性がやって来た。彼女の家のテレビの映りが悪いので、うちはどうか知りたかったらしい。ついでにそのまま30分ほどフレデリックと話し込んでいく。
バカンスでがらんと空洞化したパリに居残っている者同士、なんとなく人恋しくなってしまっているのかもしれない。
[PR]
Commented by raku at 2006-08-17 23:53 x
なんだか、生活が見えるような素敵なブログですねー
たまに遊びに来ます!
Commented by Rie at 2006-08-18 06:10 x
*rakuちゃん
読んでくれておまけにコメントまで書いてくれてありがとう。記念すべきコメント第1号のrakuちゃんには、里帰りした時、もれなく私からの熱い抱擁が待っていますのでお楽しみに!
Commented by kei at 2006-08-18 12:22 x
元気そうだね〜暑そうだけど、アコーディオンもう演奏開始してるの? 聞きたい〜
今年そっちに遊びに行こうといつになく意気込んでたんだけど、いつの間にか夏が終わりそうだよ!
Commented by Chika at 2006-08-18 12:32 x
rieちゃん、とうとうプログ始めたのね~。
これから楽しみ!! あのお庭が目に浮かんじゃった。
あの頃、フレデリックがアルミホイルかなにかで芽を囲んで守ったんだよね?確か。
パリの住民は仲がいいんだね。NYは隣に誰が住んでいるのかも知らないし、お互いあまり挨拶もないような感じなの。
私もNYに友達が少ないし、そういう近所のお友達欲しいなあ。
中庭もいいなあ。 
Commented by Rie at 2006-08-19 06:51 x
*Keiさん
Keiさんてもしや昨年マンガたくさんくれたKeiさん?ご無沙汰ですねえ。こっちは猛暑が2週間くらい続いた後、突然ガクッと涼しくなって、今じゃ「もう冬かいな」って軽く突っ込みたくなる天気の時もあるよ。今度、人前で演奏する時は新しいレパートリーを加えたいので、今はその準備段階。でも近々また地下鉄での演奏は開始したいと思ってるの。
気長に待ってるから遊びにいつでもおいで。新しい大きいアパートに引っ越せたら何日でも泊まってちょうだい。
Commented by Rie at 2006-08-19 07:07 x
*Chikaちゃん
お知らせする前に読んでくれてありがとう。
アルミホイルで芽を囲んでたんだっけ?そんなことがあったかも。Chikaちゃんは本当に記憶力がいいなあ。
そうなの。私たちは隣人にとても恵まれてて、いい近所づきあいをしてるの。でもパリのどこでもそうとは限らないみたい。同じ区のちょっと離れたところに住んでる友達は、まったくそんな付き合いはないって言ってた。子供のいる家族がいっぱい住んでるけど誰も中庭で遊ばせたりしてないって。もしかしたらうちのアパートが例外なのかも。
でもね、こっちに来て感じるのはパリはいい意味で田舎みたいっていうこと。新しく開発された地区は違うけど、うちみたいな昔からの住人が住んでる地区は特にね。パン屋さんに行けば、こちらの顔を見ただけで「ボンジュール」って言ってもういつも買うパンが出てくるからね。子供用にパンの切れ端を毎回くれたり。私が子供だった頃ののどかな日本を少し思い出すのよね。
Commented by saheizi-inokori at 2006-08-19 12:31
ChikaちゃんはもしかしてChikaちゃん?
ここで会えるとはNY発も楽しみにしてますよ!
Commented by raku at 2006-08-20 23:51 x
うふふっ!第一号!晴れがましいわん!
熱い抱擁たのしみにしとこー
Commented by chika at 2006-08-21 02:31 x
saheizi-inokoriさま
そうです!chikaです!! こんなに早くRieちゃんのHPにコメントされているなんて、本当、びっくりです。saheiziさんのHPも楽しませてもらっています。私は怠け者ですみません~。

Rieちゃん
パン屋サンで同じパンを出してくれたり、端っこくれたりっていいね~。
NYも都会のようでいて、日本より田舎の雰囲気を感じることもあるよ。
街を歩いていて、すれ違いざまに、「まったく今日は暑いね!」って声かけられたり、私も「ほんと暑いね」って。
あとは、これは有名な話だけど、くしゃみをすると「ブレス ユー」って必ず誰か言ってくれるし。くしゃみをすると魂をとられるという言い伝えがあるそう。あと、クリスマスになると大人の人が普通の服なのに、頭だけサンタの帽子をかぶって街を歩いていたり。結構見かけるよ。
Commented by Rie at 2006-08-21 08:03 x
*Chikaちゃん
自分のブログ上で友人二人がメールで会話してるのってなんだか二人が私の家にあがってお話してるみたいな気がして面白いなあ。
先日バスの中で、子供が疲れてグズッている時に抱っこしたら、後ろに座ってた女性が子供にずーっといろいろ話しかけて相手してくれたので助かったの。で、なんか誰かに見られてるなあという雰囲気を感じたので、ちょっと後ろの方を見たら、日本人の年配の女性がそのやりとりをにこにこ見守っていてくれてたの。
民族は違って表現方法が違っても、どちらの女性も温かいなあと感じる出来事でした。
こっちはね、誰かがくしゃみすると1回目は「ア・テ・スウェ」。(あなたの願いが叶いますように)2回目は「ア・テ・ザムール」(あなたの恋愛が叶いますように)。でも3回目は立場が逆転。今度はくしゃみした人が、声をかけてくれた人に「あなたの願いと恋愛も叶いますように」って言うの。可愛いよね。
Commented by Rie at 2006-08-21 08:05 x
*rakuちゃん
きっとrakuちゃんの抱擁の方がずーっとアツイと思うよー。
Commented by saheizi-inokori at 2006-08-21 21:51
hanamakiさんのところにもサロンができましたね!
Commented by chika   at 2006-08-24 11:07 x
へえ~。パリでもくしゃみした人に声をかけるんだね。
でも、パリの方がずっと素敵なコメントだね!
私もこのプログで思わず会えた人と、3人で話しているみたいで楽しかったよ!
by DegorgeRie | 2006-08-17 09:49 | Comments(13)

パリのアコーディオニスト Rie のオフィシャルブログ


by Rie
プロフィールを見る