笑門来福

明けましておめでとうございます。
どんなお正月をみなさんお過ごしでしょうか。
フランスは早くも3日から学校が始まり、通常の生活に戻りました。

年末年始は、クリスマスに田舎の義母の家を訪ね、静かにクリスマスを過ごし、
大晦日は、知人の家の、18歳になったばかりの娘さんの誕生パーティーにお邪魔し、
老若男女総勢25人程でシャンパンから始まって、フォアグラ、ホタテ貝のクリームソース、
デザートなどいただき、3時半に帰宅という一夜を過ごしました。
(この話はまた次回に。。。)

大晦日の午後、フランスのテレビ曲で何と、毎年大阪城ホールで行われる1万人の
第九コンサートの1時間番組をドキュメンタリーを交えながら放送していました。
実は今回で29回目というこのコンサートのことを、私はまったく知りませんでした。
HPを見てみると、第九を全く歌ったこともない一般の人でも音痴な人でも誰でも
参加することができるという素晴らしい企画であることが判明。
参加者の方一人一人のお顔が本当に喜びに溢れて輝いているのがわかりました。
3.11後の今回は、指揮者である佐渡裕さんにとっても、万感の思いがあったのでしょう。
各地の練習会場に赴き、「みんなで肩を組んで歌っている気持ちで歌って下さい」と
実際に参加者の方々と肩を組みながら歌を歌っている場面もあり、胸が熱くなりました。
フレデリックは最初、1万人で第九、という企画にかなり度肝を抜かれていましたが、
コンサートのラストでは、目をうるうるさせて泣いていました。
このコンサートの放送が終わってすぐに、友達から新年のメールが届きました。
時間を見るとちょうど16時。日本では年が明けた瞬間でした。

ところで、日本で大晦日といえば、NHK紅白歌合戦、ですよね?
子どもの頃は私も楽しみに見ていましたが、大人になるといつの間にか、カウントダウン
コンサートに出かけたり、友達と過ごしたりすることが多くなり、あまり見ることもなくなって
いました。
だけど、今回なんと、10年以上ぶりに、しかもフランスで初めてこの紅白を見たんですよ。
いやー、新鮮でした。と同時に懐かしかったです。
昨年の夏からJSTVという、日本語の衛星放送チャンネルに加入したため、今年は年末に
紅白が見られるのかー、などと思っていたのですが、知人の家に招待されていたため
見損ねてしまいました。録画はしていたけど、紅白は生放送じゃないとつまらないよなあ、
と思っていたら、日本のお友達から元旦に「紅白を見て、やっぱり音楽は希望を与えるもの
だなあ~と思いました」というメールが。それでやっぱり見ることにしたら、すっかりハマって
しまいました。
私、そんなにミーハーなほうではないと思うんですが、実は、SMAPが大好きなんですよね。
トリがSMAPだったので結構テンションがあがってしまい、やっぱり彼らって特別なアイドルだなと
思いました。
あの5人の個性ってかなり奇跡的なバランスだと思うんですよね。
そして5人ともSMAPで番組に出たり歌を歌ったりしているときは、いつもほんとに心から
幸せそうで楽しそうで。
久しぶりに聴く彼らの歌は相変わらずヘタでした(笑)。
でも、第九もそうだと思いますが、ヘタとか音痴とかそういうの関係なく、本当に心から
楽しそうに歌っている、という姿って一番胸を打つんですよね。

2曲歌った歌のうち、2曲目の歌は、昔、私もよく聴いていたCDに入っていた
オリジナルスマイル。
この曲を久しぶりに聴いて、ああ、この曲のテーマってそうか、笑う門には福来る、だったんだ、
と思いました。とってもシンプルなことを歌ってるんですが、大晦日に、またお正月に
ぴったりの歌だなあと思いました。
途中キムタクが「山程ムカつくこと毎日あるけど」というテロップが出ているのに、わざと
「山程立ち直ること毎日あるけど」と被災者の人に向けた歌詞に変えて歌っていました。
この曲の時には、会場や他の歌手の方々、審査員の人達とものすごい一体感が生まれ、
ラストにふさわしい盛り上がりでした。

そういえば、キムタクで思いだしましたが。
昔、南青山で働いていたときに、会社の近くでキムタクがドラマのロケをしていたことがありました。
それをまったく知らずに歩いていた私は、なんか人がたむろってるなあと、と思いつつ交差点に
向かって普通に歩いていて、ふと横を見たら、ビルの前で折り畳みいすに座っているキムタクと
一瞬目が合ったんです。
そしてその時、私、人生で生まれて初めて、2度見というのをしました。
目が合って、そして前を向いて1~2歩歩いて、「えーーっ?うそーーーっっ!?」って。
人は信じられない光景を見た時、2度見というのをするものなんだ~と思いました。
ちなみに、2度見をしたのは、私の人生、後にも先にもこの時だけです。
まあ、そんな話はともかく。。。

笑う門には福来る。
どうか、今年はたくさんの笑顔に出会えますように。


[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2012-01-04 10:31
そうでしたか、スマップがねえ。
あの音痴ともいえる連中がね、今度はそういう気持ちでみてみようかな^^。
私も珍しく紅白をちょっとのぞきました。
途中で引き揚げましたが楽しかったです。
ラジオにかじりつくようにして白の応援をしていた頃が思い出されました。
Commented by kaorise at 2012-01-04 18:16
あけましておめでとうございます☆
私も紅白みましたよ〜
SMAPは紅白にふさわしいグループですね。
テレビに舞台にと場慣れしているから視聴者が求めるものがわかってます。
ああいう舞台は上手い下手ではなく、年末の空気感や華やかさ、
一体感が求められているんですよねー
彼らが音痴なのはわかっているので、逆にもっと歌がうまいかと
思っていたアーチストが下手でおどろきました.....!
Commented by Namy at 2012-01-05 17:49 x
私も一万人の第九みましたー!そしてフレデリックと同じ、最後は涙が。。。日本人って強いなって感心したり。イヴはフランス人では絶対出来ないイベントだとうなっていました。そりゃそうでしょう!
それから別にファンじゃないけど、やっぱりトリはさぶちゃんが紙吹雪の中で歌い上げて欲しかったです。。。スマップも好きだけど〜。今年は黒っぽい衣装が多かったと聞いたけれどどうでした?
Commented by DegorgeRie at 2012-01-06 19:13
☆佐平次さん
私も大晦日はこたつに入ってみかんを食べながら見るのが習わしでした。自分に興味のない演歌歌手が出てくるのを待って、トイレに行ったり。懐かしいです。ラジオで聴いても臨場感がありそうですね。
Commented by DegorgeRie at 2012-01-06 19:15
☆かおりちゃん
そうだよね、SMAPって確かにその場の空気にあったシーンを
作りだすことができるよね。
下手で驚いたアーティストってだれかなあ。
こっそり教えてね^^
Commented by DegorgeRie at 2012-01-06 19:19
☆Namyちゃん
一万人の第九、Namyちゃんも見たんだね~。
フランス人じゃ、一万人がまじめに練習に参加し、当日心をあわせて
歌う、というのが無理そう。
最近のトリは昔みたいに演歌じゃなくなったんだね。
さぶちゃん、トリじゃなかったけど、かっこよかったよ。
気がつかなかったけど、AKB48も黒い衣装だったし、確かに黒い衣装は多かったかも。震災の影響だったんだね。
by DegorgeRie | 2012-01-04 09:16 | Comments(6)

パリのアコーディオニスト Rie のオフィシャルブログ


by Rie
プロフィールを見る