脱原発デモin Paris

c0085370_10111768.jpg
6月11日、パリで行われた脱原発デモに行ってきました。
この日、お昼過ぎまで別の用事があったので、急いで家に帰ってお昼を食べて、家族で出かけようとしたのですが、ひと騒動あって、結局一人で行くことになりました。
それというのも、オクターブが、出かける直前まで描いていたロケットの絵の続きを描くと言って、デモに持っていこうとするので、絵がぐしゃぐしゃになるし、描く時間はないからダメだよ、と言うと、すねて行かないとごね出したので、結局フレデリックがオクターブと一緒に家に残ることになりました。
そんなこんなで、開始時間の14時半から1時間近くも経ってから出かけることになってしまったので、みんなと一緒に歩くことはあきらめ、デモの終点であるパリ市庁舎前広場に行くことにしました。
私が到着した時には歩き終わった人達がすでに大勢到着していて、日本人の姿も大勢見かけました。
このデモの先頭では日本人の人達が集団で歩いていたそうで、署名運動などを行っている日本人の人達もいました。
c0085370_1030228.jpg
(私達は福島のために泣いています)

デモには初参加だったのですが、このデモのスローガン「原発いらん」という筆文字がインパクトがあり、ドクロマークやムンクの絵などを使って、怒りや恐怖や深刻さを訴えるビジュアルが多く掲げられていました。
また、ところどころ、地面に「フランスの原発地図」が貼ってあったのですが、これには、フランス国内の原発の位置や、使用済み燃料のストック場所(これが意外にもパリ周辺に何か所もあるのをはじめて知りました)などが示されてあり、原発大国フランスの現状を知るとともに、背筋が寒くなるのを覚えました。
c0085370_10325760.jpg
c0085370_1034196.jpg
(原発は犯罪への道。即刻廃止せよ)

市庁舎前でのスピーチでは参加者は5000人とのことで、思ったよりも規模は小さく、市庁舎前広場も人が溢れかえるというほどの人数ではなかったです。
16時から行われたイベントでは日仏のグループによる和太鼓の演奏が盛り上がっていました。
ただし、お友達のカオリちゃんのブログを読んで感じた、新宿のサウンドデモの明るくはじけた様子とは違い、パリのデモは意外にも生真面目できちっとしていました。
c0085370_10374625.jpg
(デモのスローガンを掲げた大きな布の下にもぐって遊ぶ子ども達)
c0085370_11473584.jpg
(地下鉄の換気孔にテープを結びつけた現代アート風パフォーマンス)

私はインターネットからダウンロードした、著作権フリーのイラストをプラカードに貼って持って行ったのですが、途中何人ものフランス人の人に写真を撮らせて下さい、と言われ、この日本語はどういう意味か、と聞かれました。
ゴシック系のファッションに身を包んだ、日本語を勉強している学生のカップルに話しかけられたりもしました。
また写真を撮った後に「デモに参加してくれてありがとう」とどういうわけかお礼を言われたので、「当然のことです」と答えると、肩を何度もすくめながら「それはそうだけど、一般的にはそんなこともないのよ」と言いたげな態度で去って行った女性もいました。
c0085370_1039325.jpg
c0085370_1041407.jpg

今回初めて参加したデモでしたが、強く感じたのは、政治的なデモでもやはりひとつのイベントなので、主催者の意向、コンセプトが大きく関わっているということ。音楽のコンサートと同じように、「盛り上がる」ということが非常に大きな要素であり、参加者や周りの人を巻き込んでどれだけ熱狂的になれるか、ということには工夫が必要なんだと思いました。
次回またデモに参加する時には、ぜひ自分自身ももっと熱くなって、参加者の一人としてデモを盛り上げたいと感じた一日でした。
[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2011-06-13 13:23
今回もまた雨のせいにして不参加でした。本気なら雨くらいなんだ!でしょうけれど。
学生時代のデモはスクラム組んで激しくて警察とのコゼリアイもありました。今のみたいなのはフランス風と言ったかも。
Commented by Rie at 2011-06-13 17:38 x
☆佐平次さん
デモのスタイルにも流行があるんでしょうか。
北風と太陽の話みたいに、太陽の光でぽかぽか照らして相手の行動を変えられるようなスタイルが理想的と思うんですが、原発に関しては難しいですかね。
Commented by Namy at 2011-06-13 19:18 x
残念ながら私は参加出来なかったけれど、その時間Rieちゃんのこと思っていました。また出来る時に出来ることに参加したいと思います。
Commented by kaorise at 2011-06-13 22:45
フランスのデモはコンセプチュアルアートっぽいね!
今度デモやるときは私もなにかアートっぽいの作ってみたいと
思いました。

東京のデモは警察が組織的にデモ隊を分断するのですが、
主催者は「警察に触ってはいけない!」と
私たちにトラブル回避のための注意をしたりします。
警察官も結局は放射能を浴びれば被爆すると分っているはず、と
デモ参加者の大半が大人の態度です。
とにかく平和的に、が何となくの共通意識かな。
みんな忍耐強いし、運動がおかしな方向にいかないよう注意しあったりもします。
今の日本ならではかもしれないですね。
Commented by Rie at 2011-06-15 07:18 x
☆Namyちゃん
私の事を思ってくれてたなんて、嬉しいわー。
いろんな支援、表現の仕方があると思うので、自分にあった
スタイルでやっていけるといいよね。
Commented by Rie at 2011-06-15 07:24 x
☆カオリちゃん
すごいね。こないだ、フランスの人が日本人の連帯感の強さについて
話していたけど、たぶんそういう細やかなところまで察知して共通意識
を持てるのって、日本人ならではだよね。
そうそう、私もアート系の人がいたのには驚いたわ。
クラウンの恰好して「原発いらん」と書いた看板を手に持って
立ってるとかね。
Commented by mitsuyo_z at 2011-07-09 03:54
このイラスト、すごいね。すごくわかりやすくて、心にどっしりくる。こんなに単純な線で描かれているのにこの『赤』がすごく不気味で恐い。
今、NHKの朝ドラで第二次世界大戦前後の日本の話をやってるんだけど。終戦する直前まで国民は「日本は勝つ」と刷り込まれてがまんを続けさせられて、大切な人を失って。でも、開けてみたら……コレなわけよね。なんだか今の日本も同じじゃん!って思っちゃう。
「大丈夫」「安全です」聞いて呆れるわぁ〜全然進歩していないじゃない。日本って思う。
Commented by Rie at 2011-07-12 02:14 x
☆mitsuyoちゃん
ほんとほんと。ぱっと見てすぐわかるシンプルで可愛いイラストでいいと思ったし、可愛いのにこの赤が血の色みたいになんとも不気味に心に残るよね。
私も今の状態は一発目の原爆が広島に落とされたような状態だと感じるの。
だから、2発目が落ちないうちに、早くみんな目を覚まして、方向転換しなければ、と強く思ってます。
放射能漏れはいまだに続いていて、1号機なんかメルトダウンどころか、メルトスルー、メルトアウトにまで達しているとも言われているのに、みんなもうその話題から興味が遠のいてさも収束してしまったかのように、今現在の状態を受け入れて暮らしているのが本当に信じられない思いです。
by degorgerie | 2011-06-13 11:52 | Comments(8)

パリのアコーディオニスト Rie のオフィシャルブログ


by Rie
プロフィールを見る