福島の子どもたちの未来を願って。

福島出身のお友達が、福島の子どもたちを守るために一生懸命活動しています。
「20ミリシーベルト」撤回について、私もインターネットで署名しました。
チェルノブイリの子どもたちの映像は、本当に涙なくして見られません。
厚生労働省からの回答はゴールデンウィーク明けとのことですが、みんなの願いが届くことを祈っています。

☆チェルノブイリの子どもたちに何が起きたか。

[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2011-05-03 21:13
文科省は与党の中でも批判の声が高まっているのに頑固に変えようとしないのです。クレージーです。
Commented by kaorise at 2011-05-04 00:48
まさにチェルノブイリと同じ、被害を最小限にみせかけるための情報操作と、基準値のひきあげ、許せません!
あと数年たって、子供の健康障害が出ても基準値以下だったのだからと無視する気でしょうね、、しつこくしつこく反論していきましょう!
Commented by Rie at 2011-05-04 06:56 x
☆佐平次さん
孫社長みたいに、以前の自分の認識は間違っていました、考えが180度変わりましたと素直に言えれば楽になると思うんですが、一度決めたことは絶対に変えないのが自分の身を守る手だと思ってるのでしょうか。
Commented by Rie at 2011-05-04 07:04 x
☆カオリちゃん
何のための基準値なんだか、意味わからねーって思います。
健康障害が何年もたってから出てくる、というのは本当に恐ろしいことです。
by degorgerie | 2011-05-03 20:30 | Comments(4)

パリのアコーディオニスト Rie のオフィシャルブログ


by Rie
プロフィールを見る